他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

コラム 雑記

夏は騒音トラブルが増える季節。夜の話し声がうるさい訳

16.08.21_うるさい

こんにちは。21時を過ぎたら外で、大きな声で話をしないのは常識だと思っているしのぶ(@Shinobu_1976)です。

住宅街じゃなければ別に気にする必要もありませんけど。

住宅街、特に周りを全て家で囲まれている場所で、21時以降に外で会話をするとかなり響きます。

もうびっくりするくらい響きます。

ほんとにね。

話をしている人は気が付かないかもしれませんが、周りからすれば本当にうるさいのです。

と、怒っても仕方がないので、なぜ夜の声がうるさいのかを努めて冷静に説明します。

 

物理学で見ても、冬は夏と比べて音が伝わりやすい

geralt / Pixabay

冬は寒いし窓を閉め切っている家も多いから、静かな気がする。

 

そんな風に思っていませんか?

 

確かに夏になると夜遅くまで騒ぐバカ者も増えます。

冬は寒いからか、夜遅くまで出かけている人は少ないですよね。

あながち間違っているとも言えません。

 

実は、夏より冬の方が音が伝わりやすいのです。

 

理由は温度。

音と温度は全く関係ない気がしますが、実は密接な関係にあります。

 

音は温度が高くなるとより早く伝わるようになります。

しかも音は温度が低い方に曲がります。

(適当な説明でごめん)

 

簡単に言えば、夏は地面に近い方が温度が高く、上空(空)に近づくほど低くなります。

その為、地面近くで発生した音は、温度が低い上空に向かって曲がっていきます。

 

冬は逆で、地面に近い方が温度が低く、上空(空)に近づくほど高くなります。

なので、地面近くで発生した音は、地面に沿って伝わっていくのです。

 

同じ意味で昼より夜は音が響きやすい

16.08.21_音の伝わり方

夏と冬と同じ理由で、地面に近い方が暖かい昼間にくらべ、夜は音がより伝わりやすくなります。

夜外で話をしたり、物音を立てるとやけにうるさく聞こえるのには理由があるのです。

 

早朝も夜と同じく音が響きやすくなります。

だから夜の物音は騒音として扱われ、揉め事の種になりやすいのです。

 

夏は窓を開けている家も多い

Romi / Pixabay

ここで一つの疑問。

騒音が問題になるのは、冬よりも夏が多いのはなぜか?

 

理由は簡単。

暑い夜を涼しく過ごすために、窓を開けている家が多いからです。

 

冬の夜に窓を全開にして寝たら、風邪を引きますよね?

当然、暖房で温めた空気を逃がさないように、窓を閉め切っている家が多いはずです。

 

つまり、夏場の夜に騒音が問題となるのは、昼間に比べて音が伝わりやすい事と、窓を開けている事が原因と言えます。

 

じゃぁ、窓閉めれば?

 

そう言われそうですが、暑い夏に窓を閉め切ったらもっと熱いでしょ?

一晩中クーラーを入れていたら冷え過ぎるでしょ?

クーラーが苦手な人だっているでしょ?

 

と言うことで、窓を閉め切るのは無しなのです。はい。

 

夜騒ぐのは非常識

当たり前の話しですよ。

モラルの問題です。

21時以降、外で話をしたり、遊んだり、騒いだりするのは非常識なのです。

飲み屋街や街中なら気にする必要はありません。

あくまでも住宅地の話し。

 

コンビニを見てください。

住宅地に店を出したら、「近所の迷惑になるので、エンジンをお切りください」と看板を出しているでしょう?

お店でさえ騒音に気を使っているのです。

 

でもね。

困ったことに、自分の事になると気が付かないのだよ。

 

ちなみに、住宅地での騒音には規制があるのですが。

環境省が出している数値で見ると、俗に言う近所にコンビニがある住宅地では、6時から22時までが55デシベル以下。

22時から6時が45デシベル以下になっています。

 

デシベルの参考も出ていますが、問題になりやすい普通の話し声。

いくつだと思いますか?

 

なんと! 50~61デシベルです。

 

夜だと普通に騒音扱いになるのです。

 

会話が弾んで大きな声で話をすれば、88~99デシベルになります。

これはあのやかましい犬の鳴き声と同じレベル。

 

なのですよ。

 

21時以降は外での会話を控えるべき

Unsplash / Pixabay

周りに気を使えて、時間をわきまえることができる大人なら、何も言わなくても配慮出来ること。

なのですが。

先ほども書いたように、自分の事になると気が付かないものです。

 

ちょっと話すくらいなら。

普段と同じ大きさだし。

 

そう思ってつい立ち話、長話をしてしまう。

注意されても、「普通に話をしていたのになせ注意されないといけないのか」と怒りを感じる。

 

そんなものです。

だから、うるさいなと思っても、我慢している人がほとんどなのでしょう。

 

明日は自分が外で話をしてしまうかもしれませんしね。

 

でも、だからこそ覚えておいてください。

夜になると音が伝わりやすくなることを。

そして、普通の会話でも、十分に騒音扱いになるということを。

 

最後に

ijmaki / Pixabay

うるさいと思って注意してもトラブルになるから騒音の問題は厄介ですよね。

 

警察に言えば、注意はしてもらえますが・・・。

改善するかどうかは謎。

そもそも騒音を騒音と思わない人が、改善するとはとても思えません。

 

直接言えば角が立つし。

難しいです。

 

騒音規制法も設けられているので、あまりにひどいと逮捕されることもありますが。

 

理想は皆が、夜外で話をする、走り回るなどの行為が誰かの迷惑になることを、理解すること。

モラルの問題です。

 

特に大の大人が夜遅い時間に外で話をしている姿をみると、がっかりします。

側に子供がいたらなおさら、残念で仕方がありません。

 

皆が気持よく過ごすために。

分かり切った迷惑行為は、やらないのが大人ですよね。

 

Follow Us!

-コラム, 雑記