他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

ブログで稼ぐ 雑記

ブログで稼ぐ理由とこれからの稼ぎ方

2016/06/18

サラリーマン

こんにちは。しのぶ(@Shinobu_1976)です。

ぼくがブログで稼ぐ理由は、サラリーマンの給料じゃ全然足りないから。

まだ、子供が小さいうちはそんなに感じなかったけど、子供が大きくなり、親の介護も現実味を帯びてくると、ぼくの稼ぎだけじゃ全く足りないことに気が付きました。

そもそもサラリーマンって給料少ないですよ。まじで。

と言うことでぼくの副業についての考え方です。話があっちこっちに飛びますが、笑って読んでやってくださいな。

 

ブログを書き始めた理由

サラリーマンの給料じゃ足りないと気が付いた時、すでに39歳?だったかな。今更転職出来る年齢じゃないし、出来たとしても給料が増えるとは限らないじゃないですか。

だから副業を始めようかなと思ったんです。でも、日本の会社って副業禁止が多いんですよね。なのでアルバイトのように、誰かに雇用されることは社内規則に引っかかる可能性があります。

でも株やFXならどうでしょう? これも確かに副業ですが、社内規則引っかかることはなさそうです。

じゃぁ、株でもやってみるか!

そう思ったんですが、そもそもお小遣い制なので、株を買うほどの手持ちがないんですね。となるとまずは元手を増やさないといけません。そんな時、ネットで見つけたのがアフィリエイトです。

アフィリエイトの広告を見ると「誰でもリスクなく始められて、簡単に稼げる」と書いてあるじゃないですか。 そしてやるならブログがお勧めだとも書いてありました。

この広告をそのまま信じたわけじゃ無くて、ちょっと調べて確かにブログだけで出来そうだし、リスクも無さそうだと言うことを確認しました。そしてブログを書き始めたんです。

 

日本の会社のうち97%が副業を禁止している

おかしな話ですよね。給料だけじゃ親の介護も子供の学費も足りなくなるって言うのに、日本の会社は社員の副業を禁止しているんです。

憲法では職業選択の自由が保障されているんですよ。それなら副業をするのも自由なはずです。なのに会社は副業をするなという。

これ、れっきとした憲法違反です。裁判をやればかなりの確率で勝つことができます。負けるのは「本業に支障が出た」時くらいです。

会社が副業を禁止するのは、社員に本業だけに専念してほしいからです。(労働保険などの絡みもありますが・・・。)でもそれって我儘ですよね。言い方は悪いですが「会社が払う給料以上稼ぐな」と暗に言われているのと同じです。

生活していくために、子供を育てるために必要なお金が足りないのに、給料以上稼ぐなと言われる。稼いだら首にするとまで言うところもあります。

これじゃぁ会社の奴隷と一緒です。就職したら会社に従わないといけないなんておかしいですよ。ましてや、生活していくためのお金が足りないのに「給料以外稼ぐな」なんて越権もいいところです。

そこまで言うなら一生面倒見ろよって話です。「この会社以外で働くな。給料が足りない? そんなの知らん」と言われているようなものですから。会社が副業を禁止するなら社員が一生不自由なく暮らせることを保証すべきです。

今更ながら最近日本の首相が「副業を認めるように働きかける」と言う趣旨の事を言っていました。参考「会社員も副業可能に

やっとここに気が付いたか。そんな気分です。

 

働くことは生きることと同じ

皆生活するために働きますよね。仕事をして、お金をもらって、着る物や住むところ、食べるものを手に入れます。と言うことは、働くことは生きることと同じなんです。

なのに何故会社が縛る? もっと自由で良いじゃないですか。

会社に縛られる理由の一つに、給料をもらう以外のお金の稼ぎ方を知らない。と言うのがあります。

ほとんどの人が会社に雇われて働かないとお金がもらえないと思っているんです。もしくは違う稼ぎ方があることは知っているけど、どうやって良いのか分からないか、やり方を知らないんでしょう。

だから会社に依存するようになる。会社で働かないとお金が無くなるから理不尽な要求も我慢して従う人が出てくる。

すると会社も「解雇されるのが怖くて逆らえないんだな」と言うことに気が付いて、もっと安く、もっと長い時間働かせようとします。

そうやって出来あがったのが皆が騒いでいるブラック企業やブラックバイトです。もちろん自分の身を守るために必要な知識がない。と言うのも理由の一つです。

そして生活が苦しければ苦しいほど、抜け出せない構造が社会の見えないところにあります。

 

インターネットが働き方を変える

インターネットと言えばパソコンを起動しブラウザを立ち上げて繋ぐ物だったのが、スマートフォンが普及したことで出先でも気軽につなげるようになりました。

そしてスマートフォンと一緒にインターネットも普及して、世界中の情報を気軽に手に入れられる時代になっています。

その結果今まで知らなかったことを知る機会も増え、おかしいことをおかしいと言う人が増えてきました。ブラック企業やブラックバイトはその典型じゃないでしょうか。

ぼくが学生の頃はアルバイトするのに労働基準法を調べたりしませんでした。時給制でしたから、1時間単位で働かないと給料はもらえないと思っていましたよ。

ブラック企業やブラックバイトは、もう何十年も前から当たり前のようにあったんです。ただぼくが1時間働かないと時給が出ないと思っていたように、その会社のやっていることが正しいのか正しくないのかが分からなかった。つまり情報が手に入らなかったんですね。

それが今は、インターネットの普及とともに、多すぎるくらいの情報を手に入れることができます。疑問に思ったことがあれば図書館に行かなくても調べることができるんです。

そしてネットで個人サービスを販売する人も出始めました。ホームページやブログが簡単に作れるようになったことで、ネット上で起業する人も増えてきています。

副業とまでは行かなくても隙間時間で簡単に商売ができる。そんな時代になりつつあります。

 

世の中が大きく変わり始めた

何か大きな波が来ている気がしています。

ブラック企業もそうですが最近驚いたのが残業代の事。どこかのアルバイトがバイト先を訴えて、1分単位で残業代をつけるようになったと言うニュースが流れました。

もともと残業代は1分単位が当たり前。でも会社は10分単位や30分、60分単位で切り捨てて付けているところがほとんどでしょう。タイムカードの前で「後1分待てば残業代が付くから」と、待っていたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

それが当たり前の事を当たり前にやるようになったんです。本来1分で付けるべきものをつけていないじゃないかと騒ぎ、じゃぁそうしましょうと1分単位で残業をつけるようになった。

国会でもセブンイレブンが残業代を切り捨てていると取り上げられていましたし、どこかの会社が見せしめのように攻められれば、次はうちかもしれないと考える会社が増え、これから残業代は1分単位でつくようになっていくでしょう。

副業も国として認めようと言う動きが出てきましたから、近い将来認められる可能性が高い。社会に出てからの働き方が大きく変わろうとしている気がします。

大きく変わると言うか、憲法に沿って認められるべき権利が認められる日が近づいている。そんな感じです。

仮に副業が認められるようになったら皆どんな働き方をするでしょうか?

二つの仕事を兼業でやる人も出てくるでしょう。就業時間が月水金や木土のように、好きな曜日が選べるようになるかもしれません。

でもそうなるまでにはまだまだ時間がかかります。会社だって副業は認めるけど週5日は働いてくれと言うはずですし、そうなると簡単に兼業をすることは出来ないでしょう。

そうなると、おそらく副業を会社が認めた時に多くの人がネットでの副業を始めるはずです。理由は手軽に始められて時間も自由にコントロールでき、リスクが少ないからです。

 

自分で稼げるなら、会社を辞めてしまえ!

ネットが普及したことで、現実世界とネット世界の境目が無くなってきています。今はブラウザを立ち上げなくても、LINEやFacebookなどのSNSで簡単にネットに繋ぐことができます。

つまり今まではパソコンとパソコンをつないでいたものが、スマートフォンや時計、自動車や家電ともつないだことで、現実世界とネット世界とが融合し始めていると言う事です。

バーチャルだったはずのネットがどんどんリアルに近くなってきています。

これは怖さを感じる半面チャンスでもあります。さっき書いたように今は個人が会社に就職しなくても仕事ができる時代です。

ブログでちょっと有名になった人が、フリーランスとして生活出来ています。空き時間でアフィリエイトを始めた人が、稼げるからと法人を設立することもあります。今後この流れはもっともっと加速していくでしょう。

これから先会社で副業が認められるようになり、多くの人がネットで仕事を始めるようになった場合を考えてください。

今でさえブログの書き方講座で稼ぐことができるのに、もっと多くの人がネットで仕事を始めようとしたら、「教えてほしい」と言う人が増え、もっと稼ぐことができるようになります。

そこは先行者優位の世界です。逆に言えば今ネットで稼げているなら会社を辞めて専業になってもいいくらいです。

 

個人名で信頼を得る

ネットで稼ごうと思ったら個人名で信頼を得るのが有効だと考えています。匿名じゃ無く個人名にする理由は、言葉に重さを持たせるためです。

匿名だと言いたいことを言いたい放題言って周りから非難されたとしても、削除してしまえば痛くもかゆくもありませんよね。

ところが個人名で言いたいことを言うのはかなりの勇気が必要です。仮に周りから非難されればその人自身が傷つくことになるからです。

その分言葉に慎重さと重さが付いてきます。つまりそれだけリスクがあると言う事。リスクがあるから言葉に重みが生まれるんです。

個人名で信頼を得られれば、その人をフォローする人が出てくるでしょう。フォローする人が増えればネット上で影響力を持つことができます。

ネット上での影響力はその人が「流行る」と言った物が流行になり、面白いと言った物が売れると言う事。指名で仕事が来ることもあるでしょうし、本を書いてほしいと言う依頼も来るかもしれません。

あるいはその影響力を利用して、企業のホームページを宣伝してほしいと言われるかもしれませんね。また信頼がある分、ネット上で講座を開けば大勢が受講してくれます。

リアルで個人名で信頼を得るのは並大抵の事じゃありません。それがネット上ではやり方次第で出来るんです。その分リスクもありますが、上手く行った時のリターンはかなりの物があります。そしてそのリターンは、今後どんどん大きくなっていくでしょう。

つまり、ネット上で大きく稼ごうと思ったら、個人名を売るために今からブログを書こうよ! と言うことです。

以上。ぼくの副業についての考えでした。

Follow Us!

-ブログで稼ぐ, 雑記