他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

お勧めの本

こんな時代だから読みたい新渡戸稲造の「武士道」

武士道 (PHP文庫)

こんにちわ、しのぶ(@Shinobu_1976)です。

最近本屋にいくと「まんがでわかる」シリーズが沢山あります。その中で興味をそそられて買ったのが上の「まんがでわかる新渡戸稲造『武士道』」です。

立ち読みするつもりだったんですけどね。なかなか面白くてつい買っちゃいました。

 

まんが『武士道』はわかりやすい

まんがの良いところはとにかく分かりやすい事。ストレスなく読めることですね。

ダメ営業マンの高村瑛太が、明治時代からタイムスリップしてきた平松なつと出会うことから物語が始まります。

この平松なつは武家の末裔でとにかく武士道に詳しい。

ダメ営業マンの瑛太がなつと過ごす中で少しずつ武士道を学び、成長していくと言うお話。

仁・義・優・誠・礼・名誉・忠義について分かりやすく、面白く書かれていて、とにかく読みやすい。そして日本人の心の奥底には、「武士道」の考え方が根付いているんだなと感じることができます。

 

新渡戸稲造の「武士道」

まんがで興味を引かれてつい買ってしまいました。まんがの元になっている新渡戸稲造の「武士道」

この本の原書は英語です。

不思議に思いませんか? なぜ日本人の精神である「武士道」が英文で書かれたのか。

本来であれば武士の心得としての「武士道」が、文章や指南書として書かれていてもいいはずです。でも文章としては伝わっていませんし、残ってもいません。

そもそも武士道は、日本の長い封建社会の中で、武士のあるべき姿として自然発生したもの。その時代に応じて研鑽され、やがて武士の掟となった倫理道徳観なのです。

しかも武士道として論議が盛んになったのは、武士がいなくなった明治時代のこと。

このことからも「仁・義・優・誠・礼・名誉・忠義」と言う徳が、体系的に存在していた物じゃないなく、あくまでも道徳観、精神論として存在していただろうと言うことが想像できます。

そして新渡戸稲造の「武士道」は、「日本人とはこういうものだ」と外国人に知ってもらうために、日本人に宿る伝統的な精神を書いた本です。だから原書が英語なんですね。

 

武士が大切にした5つの徳「仁・義・優・誠・礼」

映画や漫画でみた事があるこの5つの徳「仁・義・優・誠・礼」。「仁」は思いやり。「義」は正義。「礼」は礼儀。「智」は叡智。「信」は信用、信頼のこと。

すべてが大切な物ですが、特に重要とされたのが「義」です。

「義」は正義の道理、人体の骨格、人として守らなければならない道として紹介されています。つまり基本の中の基本が「義」です。

義の意味を調べると。

ぎ【義】

1 儒教における五常の一。人として守るべき正しい道。道義。「仁・義・礼・智・信」
2 道理。条理。
3 意味。意義。「読書百遍(ひゃっぺん)義自(おのずか)ら見(あらわ)る」
4 教え。教義。
5 血縁上のものでない義理の関係。「義を結ぶ」

ぎ【義】[漢字項目]

1 人のふみ行うべき正しい筋道。「義務・義理/恩義・信義・仁義・正義・大義・忠義・道義・徳義・不義」

2 私欲を捨て、公共のためにすること。「義塾・義倉・義捐金(ぎえんきん)」

コトバンクから引用

人として正しい行いを示す言葉が本当に沢山あります。それだけに「義」は重要な考え方だったのでしょうね。

 

こんな時代だからこそ読んでほしい

こんな時代ってどんな時代だ!

そう突っ込まれそうですが、人をだます、嘘をつく、謝らない。そんな時代。

大手企業の不正が明るみでたり、不倫がまるでゲームのように語られ、紙面をにぎわせる。親に対する不徳や犯罪、取り上げればきりがないほど沢山あります。

そんな時代です。

ぼく自身、この徳を体現出来ているわけじゃありません。それどころか人として、まだまだ未熟だと自覚しています。

あ、1つ思いだした。

会社の上司に「こいつは人として未熟だか、自分のケツは自分で拭けるやつだ」と紹介されたことがあります。かなり気分が悪かったのを思い出しました。何しろ人として未熟な奴に「こちは未熟だ」と言われたんですからね。

おっと、話がそれました。

それに、武士が精神論としての武士道を大切にしたのはわかりましたが、武士自身も体現出来ている人を素晴らしい人だと語っている。と言うことは、当時も体現出来ている人はほとんどいなかったんでしょうね。

皆が体現出来ている徳なら、それは当たり前のこととして扱われ、「すごい」なんて言うことはありませんから。

この本は武士が大切にした7つの徳を様々なたとえを交えて説明しています。それは古い道徳観念として忘れられつつある、それでも日本人の心の奥底にまだ残っている武士道精神を体系的に表しています。

今だからこそ大勢に新渡戸稲造の「武士道」を読んでほしいです。

Follow Us!

-お勧めの本