他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

働き方

仕事を辞めたいと言う人を引きとめても意味がない

2016/05/11

退職願を持つサラリーマン

こんにちは。しのぶ(@Shinobu_1976)です。

何回か転職を経験していますが、いつも不思議に思うんですよね。

なんで「辞めさせてください!」って言うと「ちょっとまて!考え直せ!」と言って止めようとするんでしょうか。

これ、はっきり言って時間の無駄ですよ。

辞めたいって言っているんだから、辞めてもらえばいい。無理に引き止めて残ってもらったところで、会社にとっても、辞めたいと言った人にとっても、良い事なんて一つもないんですから。

 

何故止めるのか

何ででしょうね。いまだに解りません。

よっぽど仕事が出来る人で、利益もガンガンあげるような人なら止めたくなるのも分かります。でもねぇ、駆け引きで辞めたいと言っているわけじゃ無ければ、止めるだけ無駄なんですよ。

仕事ができると言うことは、他の会社でも欲しがると言う事。つまり辞めたいと言った時点で次が決まっている可能性が高い。

そうなると引きとめても無駄でしょう。そう思いませんか。

ぼくも過去に退職願いを出したとき、一応形だけ引きとめられました。これがね。見事に形だけだったんですよ。

1回目はその地区をまとめている人がわざわざやってきて、30分くらい話をした気がします。

その人の若かりし頃の苦労話や、お偉いさんお得意の「俺にもそういう時期があったんだ」と言う「お前の気持ちもわかるよ」と言わんがばかりの思い出話を散々聞かされ。

「どうしても辞めるのか?決心は固いのか?」「はい」「そうかなら仕方がないか」

で、認められました。止めるならもっとちゃんと止めようぜ!

2回目はもっとすごかった、止める理由が「今辞められるとうちの会社に傷が付く」と言う意味不明な物。

「それ、ぼく関係ありますか?」

そう心から思いました。

結局「辞めさせてください」と言われて引きとめるのは、上司に聞かれた時「止めたんですけどね」と言うため。自分の身を守るために止めるのがほとんどなんですよ。

ならいいじゃん、止めなくて。面倒臭いだけ。

 

辞めたい=やる気がない

おそらく辞めたいと言う人は、その会社でもう頑張れないから辞めたいって言うんですよ。

経験のある人はわかると思いますが、退職願を提出し「辞めさてください」と言うのはかなり勇気がいります

しかも、どのタイミングで言おうか必死に考えているもの

もちろん「止められたらどうしよう。決意が堅いことを分かってもらわないと。」と、止められるかどうかも分からないのに必死に考えます。

かなり深く考えて、意を決して「辞めさせてください」と上司に言っている。と言うことは、今の会社で頑張ろうとはもう思っていないってことです。

気持ちはもう未来に向かっています。

この会社を退職した自分。新しい職場で働き始めた自分。憧れの未来へ一歩前進していく自分。

そんなバラ色の未来を手に入れることで頭が一杯。退職の意思を示すのは、バラ色の未来を手に入れるための試練なんです。

だから止めても仕方がないでしょ?

 

辞めたい=耐えられない

中にはパワハラやセクハラに耐えられ無くなり、辞めていく人もいます。

こういう人こそ止めないでほしい。それどころか、早く解放してあげてください。

ぼくも経験があります。「今辞められるとうちの会社に傷が付く」と言われた会社では、精神的に追い詰められました。会社から家に帰る車の中で毎日泣いていましたから。

辞めると言った時も、意味のわからない引きとめを受け入れてしまい、少しだけ頑張って通いましたよ。

でも、無理なんです。心が傷ついた時我慢して職場に通っても、ただただ辛いだけ。自分で自分を苦しめているようなものなんです。

だから、今の職場に耐えられなくて辞めたいと言っている人を引きとめないでほしい。

早く解放してあげてください。

「今を乗り越えれば、楽になる」「もう少し頑張ってみないか」

この言葉は余計その人を苦しめます。

その場所にいられないから辞めたいと言っている。そのことに気づいてください。

 

止めてほしいと言う人もいる

自分が必要とされているか確認するために「もう辞めます」と言いだすタイプのこと。

言葉に真剣さがないから、聞いていればすぐに分かります。

この手の人がたちが悪いのは、止めないと無視されていると騒ぐ事です。下手するとパワハラだセクハラだと濡れ衣まで着せようとする。

自己顕示欲っていうんですかね。

自分の存在を認めてほしいと言う気持ちは、誰の中にもありますが、その表現方法が間違っているんです。

本当は仕事を頑張って、自分の欲求を満たしてもらうのが一番なんですが、こういう人に限って仕事ができないんですよ。

相手にすると疲れますが、相手にしないとこじれます。

どう対応しても、手に余るタイプ。うん。面倒臭い。

 

お互いの為に止めるのは辞めましょう

と言うことで、辞めたいと言う人にはお互いの為にさっさと辞めてもらいましょう。

やる気の無くなった人を引きとめて会社にいてもらっても、そのやる気の無さが周りに伝染します。

そうなったら最悪ですよ。腐ったリンゴの話じゃありませんが、やる気よりやる気の無さの方が伝染する力は強いんです。

耐えられなくなった人を引きとめるなら、その人を救ってあげべきです。それができますか?

引きとめるだけで解決できないなら、止めるべきじゃない。かわいそうです。

やめたがっている人を引きとめるより、新しい人を教育することに力を注いだ方が、ずっと建設的です。

 

会社を辞める前に

退職してから探したのでは遅すぎます。在職中に次の仕事を探すこと。

リクナビNEXTのような転職サイトを利用すると、情報集めや仕事探しが早くなり、次の仕事も見つかりやすくなります。

転職エージェントを使うと、使わない人より1カ月近く早く仕事が見つかると言うデータも出ています。

IT関連は人の出入りが激しいため、未経験者でも比較的採用されやすいようです。

IT関連に強い転職エージェントWORKPORTを利用するのも1つの手かもしれません。

Follow Us!

-働き方