他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

働き方

スマホなんていらない

2016/06/04

スマホを操作する人

こんにちは。しのぶ(@Shinobu_1976)です。

ぶっちゃけスマホなんていらないんです。

少し前に会社で支給されているスマホを家に忘れました。

「お客様との大切な連絡手段である、スマホを忘れるなんて!」

そう自分を責めたりはしませんでしたが、あることに気が付きました。

それは、スマホを持っていないだけでかなり気が楽になると言うこと!

おそらく、自分を縛るものが無くなるからでしょうね。営業でスマホを持っているとやかましいくらい鳴りますから。

 

急いでいる時の連絡手段に最適。でも急いでいる時なんてほとんどない。

携帯電話を持ち始めた頃から、個人と連絡を取るのがすごく楽になりましたよね。

今は1人1台スマホを持っているような時代です。つまり、1人が1つ電話番号をもっているんですよ。これ、すごいことだと思いませんか。

数十年前は固定電話の権利が数十万円していたのに。本当に良い時代になったものです。

 

本題とは関係ありませんが、最近では高校生でもスマホを持っています。

と言うことは、あの固定電話しか連絡手段がなかった頃の、恋人から電話がかかってきた時のドキドキ感はもう無くなってしまったと言う事。

子機で恋人と話していると、1階で親が親機の受話器を持ち上げ会話を聞いていると言う、固定電話ならではの独特なシチュエーション。

夜電話をかける時、相手の親が出たらなんて言おうと必死に考える、あの感覚。

同世代の人なら分かるはず!

今の子供たちはもう味わえないんです。そう考えるとちょっとさみしかったりします。

 

話をもどします。

仕事で使うスマホは連絡手段として最適です。特に急いでいる時ほど役に立ちます。

ただ、急いで連絡を取りたい時ってどんな場合でしょう?

不具合が出た時? 見積りをお願いするとき? 請求書を送りたいとき?

今すぐ連絡を取らないといけない! なんて、そんなにはありませんよね。

 

別にスマホで話さなくても、明日でもいいし、伝言でも良い。そう言う内容の方が、ずっと多い気がします。

 

電話は相手の都合を無視して連絡をとる手段だと知れ

固定電話の時からそうなんです。電話は相手の都合を無視して、一方的に連絡を取るための手段。

だから「お忙しいとところ恐れ入ります」とか「今よろしいでしょうか?」と聞くんですよ。

夜20時以降は「夜分遅くに申し訳ありません」と必ず言っていました。

ところが。

スマホが普及して直接個人同士で連絡が取れるようになってから、相手を気遣う一言がどんどん無くなっています。

まるで、連絡が取れて当たり前だと言わんがばかりに。

中には電話をかけても相手が出ないのが気に入らなくて、とにかくつながるまで10回でも20回でもかける人もいますよね。

「急用かな?」と思って出れば「なんで電話に出ね~んだよ!」といきなり怒り出す最低な人もいます。

電話をかける側にとっては、今連絡がとりたいとしても、相手は電話をしている場合じゃないかもしれないんです。

今何をしているか分からない、相手の都合を無視して連絡を取ろうとしている。つまり一方通行なんですよ。

特にスマホは相手が買い物をしていようが、料理をしてようが、トイレにいようが繋がります。

子供をあやしていても、車を運転していても、恋人と良いムードに浸っていてもつながるんです。

本当に迷惑な、邪魔な存在。

「うるせーな」

そう思いながら出ると

「いまひま?」

と、気遣いのない一言を言われ、

「忙しい!」

と言って切ってしまった人もいることでしょう。

かける側の都合を一方的に押し付けているんですから、

「今時間大丈夫?」

とか。

「忙しいとこごめんね。ちょっと良いかな」

とか。

相手を少しだけ気遣ってほしいものです。

 

SNSもメールも夜中に突然送るのはやめるべき

最近は夜中に必ず鳴ることが解ったので、夜はミュートにしています。

じゃないとうるさくて寝ていられない。

特に迷惑なのが企業が送ってくるセールスメール。

あれ何で夜中の2時とか、朝5時とか変な時間に送ってくるんでしょうね。

まぁおそらく会社に誰も居ない時間に、タイマーで送るのが都合が良いんだと思いますが、受信する側としてはうるさくて仕方がない。

「音がならないようにすればいい」

と、言われそうですけど。

何で受信する側がそんな事に気を使わないといけないのか。

ミュートにすればいいんですけどね。

ちょっと納得がいかないなー。

 

あまりにうるさいので使い方を変えた

仕事で出張に出ているとスマホが本当に良く鳴ります。

以前こんなことがありました。

電車で移動している時に電話がかかってきたので、デッキに出て話をしました。

話が終わって席に戻ろうと通路を歩いていると、席に着く前にまた電話がかかってくる。

仕方がないのでUターンして、もう一度デッキに出て話をする。

話が終わって席に戻ろうとすると、また席に着く前に電話がかかってくる。

仕方がないかのでUターンして・・・・・・・。

これを6回繰り返したことがあります。

繰り返したと言うか、やらされたと言うか。

あのときの周りの人の視線の冷たさと言ったらもう。

「うるせーな。何こいつウロウロしてんだ?」

そんな目で見つめられました。

そんな事があってから移動中は電話に出ないことにしています。

途中で止まったり、降りたりもしません。ついでにメールも見ません。

目的の駅に着いたらまとめて確認しています。そうしないと落ち着くときがないんですよ。

そんな風に対応を変えたらかかってくる電話の量が明らかに減ったんです。

結局そこまで急ぎの用事なんて無いってことですよ。一生懸命相手をしても自分の時間が減っていくだけで意味がない。

今はSNSもありますしね。

仕事でSNSが使えれば、電話をかけることって本当に無くなりそうな気がします。

あ、でも、うるさいのには変わりはないか。

 

スマホがなくても困らないもの

皆持っているからこそ、連絡手段や交友関係など、人とつながるのにスマホは必需品になってきています。

そう言えば以前に1度、スマホを落っことして壊したことがあったんですよ。

この時に気が付きました。なきゃないで別に困らないんだなって。

確かに繋がりは切れてしまうかもしれませんが、ないならないで何とかなるものです。

逆に持っていると、メールやLINEが気になって1日に何回も何回も画面を見てしまいませんか?

そしてそんな繋がりすぎる毎日が嫌になってきませんか?

1日スマホを持たずに出かけてみれば、びっくりするくらい自由だなって思えます。

誰とも繋がらないのも、すっきりして気持ちが良いものですよ。ぜひ試してください。

 

ちなみに。

スマホなんていらないんですよ。会社から支給されるスマホはね。でも個人のスマホは持っています 笑

Follow Us!

-働き方