他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

お盆 夏のこと

流行りつつある!?「お盆玉」は夏のお年玉

Pocket money bag

お年玉は、あげる立場にとって結構いたい出費だとおもうしのぶ(@Shinobu_1976

早速ですが、お盆玉なるものがあるのを知っていますか?

お盆玉は簡単に言えば、お盆にあげるお年玉のこと。夏休みやお盆で帰省した子供たちに渡すおこずかいの事なんです。

子供にとっては嬉しいでしょうね。

でも! 大人にとっては全然嬉しくない!

親戚一同が集まるお盆で、「お盆玉頂戴」なんて言われた日には一体いくらかかるのか・・・。おもわず「普及させたのは誰だ!?」と犯人捜しをしたくなります。

いや、探すことにしました。ってことで「お盆玉」の歴史と「普及させた人」を調べましたよ。

 

「お盆玉」の歴史

Yamagata Prefecture

お盆玉発祥の地は山形県です。

江戸時代に山形県周辺の地域で、奉公人に下駄や衣類などをわたす風習が変化したもの。

昭和初期に子供たちにお小遣いをあげる風習になったとかなんとか。

似たような風習としては、お正月に会えなかった子供に、お年玉のかわりとしてお小遣いをわたしているところもあるそうですね。

これ、結構重要なので覚えておきましょう。

「お正月に会えなかったから、お盆にお年玉をあげる」

なので「お盆玉」なんですよ。(こじつけ)

「お盆玉」をあげる理由をつけておかないと、お年玉とお盆玉のダブル出費になっちゃいますから。

 

普及させたのは?

「お盆玉」は2010年にマルアイという紙製品や包装用品を取り扱う会社が作った造語だそうです。

きちんと商標登録もされています。

なんでもぽち袋の新しい需要を起こすために、「お盆玉」と言う造語を作り商標登録までして販売を始めたとか!

マルアイ、許すまじ!!

なんて怒っちゃダメですよ。怒りたくなる気持ちも分かりますが、怒っちゃダメです。

商標登録から4年後の2014年の7月。なんと! 全国の郵便局で「お盆玉袋」の販売が始まります。

これをきっかけに沢山の人が目にするようになり、メディアにも取り上げられるようになりました。

アマゾンのリンクを貼りましたが、しっかり「お盆玉」と書かれていますね。

もし子供に「お盆玉ってなに?」と聞かれたら、お盆に舐める飴玉とでも言っておきましょう(大ウソ)

 

「お盆玉」を郵便局が流行らせようとしている!?

sarangib / Pixabay

きっかけは江戸時代の風習ですが、商品として売れる! とみ込んだのはマルアイです。

そして今! 「お盆玉」を流行らせようとしているのは「郵便局」です!

2014年7月にプレリリースを発行しています。

これを機会に夏にお渡しするお小遣い袋として「お盆玉」と書かれたぽち袋をお勧めしているんですよ。

そして2016年にはお盆玉を夏の風物詩としています。

いつから夏の風物詩になったんだろう・・・。

「お盆玉袋」は、2014 年から郵便局で販売を開始し、新たな夏の定番商品としてご好評をいただい ています。夏に帰省したお子さまやお孫さま、久しぶりに会うご親戚のお子さまなどへ夏のお年玉と して是非お盆玉を差し上げてみてはいかがでしょうか。

引用:郵便局プレリリース

うーん。出費が増えるから流行らせてほしく無いんだよね。

もし、もしもですよ。

本当に夏の行事として「お盆玉」が定着したら。

お年玉とお盆玉で年2回も、子供たちにお小遣いをあげないといけなくなります。

 

お年玉の意味を考えると「お盆玉」ってどうなの?

Kagami Mochi

お年玉は昔から会った風習で、年神様に奉納された鏡餅を、参拝しに来た人たちに分け与えた神事から来ています。

鏡餅はもともと鏡の形を模したもので、魂を映し出すと言われていました。

魂を別の呼び方で言うと「玉」。

年神様の「玉」だから「年の玉(魂」、そこに「御」をつけて「お年玉」と言われるようになったそうです。

と言ったことを考えると「お盆玉」ってどうなんでしょう。

気持をあげると言う意味では、ありなのかな?

ちなみに、お正月とお盆は「初春と初秋の満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する」と言う神事からきていると言われています。

初春のものがお正月に。

初秋のものがお盆に。

そう考えれば、日本の風習としてお盆玉もあり? かもしれませんね。

 

どうせあげるなら、きちんと祖先を供養してから

a visit to a grave

どうせあげるなら、迎え火や送り火、お墓の掃除をきちんと手伝って貰ってからあげよう。

時代とともに神事とは関係なくなってきている気もしますし、お盆=夏休みと言った感覚もありますよね。

ぼく自身もそんな感覚があるので、人のことはあまり言えませんが。

ぼくもいつかはお墓に入ります。

出来れば、お盆には子供や孫に迎えに来てもらって、お墓をきれいにしてほしいな。

「お盆玉」を渡すことで、お盆の習慣が残っていくのならいいかな。なんてちょっと思いますね。

本当はお小遣いと行事は切り離したいところですが。

皆さんはどう思いますか?

 

Follow Us!

-お盆, 夏のこと