他の誰でもない忍の記録

季節の話題や気になる事を色々書いてます。

*

ブログで稼ぐ

誰に何を伝えたいのか。記事を書く時にすごく大事なこと。

Who want to convey the feeling

こんにちは。妻のお酒まで奪って飲んでしまうほど、お酒が大好きなしのぶ(@Shinobu_1976)です。

さて、ブログの書き方について色々語っていきたいと思いますが、その前に。

あなたの書いているそのブログ、だれに読んでほしいと思っていますか?

あなたの大切な時間を割いて書いているブログです。もちろん、読んでほしい人、気持ちを分かっていてほしい人がいるから書いていますよね。

もし、もしも「誰に読んでほしいかなんて考えていない。検索でたまたま来た人が読んでくれれば良い」と考えているのなら、少しだけ書くのを止めて、考えてほしいんです。

読んでほしい相手のいない記事が、たまたま来た人の胸に響くと本当に思えますか?

 

大切な人に語りかけるように書く

Important think

ぼくは記事を書くときに、読んでほしい相手をイメージして書いています。

それは、妻や娘だったり、職場の人だったりと色々ですが、常にイメージしている人が読めば、「あ、私に言っているんだな」と分かるように書いているんです。

たまにきつい言葉を書くこともあるし、「そこまで言わなくても」と思う内容もあると思います。

でも、なるべく優しく、そして理解してもらえるように。出来る限り正確に、届けたい相手をイメージしています。

アフィリエイトにも参加していますので、ターゲットとなる人を対象に書いてもいいんですが、はっきり言って会ったことも無い人をイメージするのはかなり大変。

30歳以上で男性、なかなか出世できず会社に嫌気がさしていて、そろそろ転職を考えている

とか、ターゲットを絞り込むのもいいんですが、やっぱり身近な大切な人に向けて記事を書くほうが、ぼくには向いています。

そうやって書いた記事は、少なくとも1人の人にとって、「なるほど」と思える内容になっていますから。

 

読んでほしい人がいれば、自然と文章は分かりやすくなる

Reading I want people

一生懸命書いた記事を誰に届けたいのか。

一番柔らかくて、分かりやすい記事を書くのにむているのは、恋人をイメージすることです。

あなたにとって一番大切な人に、この記事を届けたいと思えば、自然と優しい文章になりますし、分かりやすい言葉を使うようになるもの。

以前に「中学生でもわかるように書く」と書いたことがあります。

中学生でもわかるように書くと言うことは、専門的な知識がなくても、ストレスがない文章を書くと言うこと。

これが、あなたにとって大切な人に向けて書くことで、意識しなくてもクリアされるんです。

理由は簡単で、「読んでほしい」そう思って記事を書くから。

たったそれだけで、読みやすい記事になるんですよ。

 

記事を書いていて思うこと

Write an article

文章を書くためのテクニックは確かにあります。

改行のやり方や句点、読点のつけ方。一文の長さや語尾の使い方等々。

インターネットで調べれば、それこそ山のようにテクニックが出てくるでしょう。

でも、あふれるくらいにあるテクニックを使って文章を書いたとしても、本当に伝えたい相手に伝わらなかったら、何の意味も無いと思いませんか?

記事を書くときに大切なのは、誰に読んでもらいたいのか、誰に共感してほしいのかをきちんとイメージすること。

それが明確になれば、レベルが2つも3つも上の文章を書くことができます。

もし、今まで勢いだけで書いていたのなら、ちょっとだけ考えてください。

その記事は、誰に読んでほしいですか?

誰に共感してほしいと思いますか?

Follow Us!

-ブログで稼ぐ